No.35  米気(Mai Hei)

 

 みなさん、こんにちは。協会事務局のシンディです。
 現在不定期で香港の日本料理を皆さんにご紹介しています。日本食と一言で言っても広いと思いますが、ここでは庶民に手が届く価格・お得感・お勧め利用シーンなどについてもお伝えしていきたいと思っています。皆さんのお店選びの参考にしていただけたらと嬉しいです。こちらの内容は個人の感想・意見となりますので予めお断りしておきます。
 本日はワンポアにある米気 (Mai Hei)にお邪魔しています。約1年前にここワンポアの地にオープンされ普段使いの食の味方(平民食神)としての地位を築いてこられました。食材の新鮮さはもとより、器へのこだわりや料理の鮮やかな色にも惹かれます。香港ではローカルスタイルの「醤油かけご飯」が有名ですが、こちらでは「卵かけご飯」が有名。中国名は「醬油蛋飯」卵ご飯に醤油がかかっているという意味になります。
 先ずこちらではご飯もの・前菜・主食・副菜・デザートなどをいくつかのメニューから選ぶスタイルになっています。前菜には冷菜が、副菜には暖かいものがチョイスできるようになっています。
 今回我々は1)桜エビ味噌ご飯・昆布のポン酢和え・ビーフシチュー・手羽先明太子・米気アイスクリーム、2) 卵かけご飯・ゴーヤと油揚げのゴマ味噌和え・豆腐ハンバーグトマト味噌ソース・こんにゃくと豚肉の照り焼き・杏仁豆腐を選びました。
 先ずご飯は本当にしっとりしていて日本米をうまく炊いているなぁとお仲間さんと一緒に感心してしまいました。大鍋で一気に炊くとぺしゃっとなってしまうのを避けられないことが多いのですが、なかなか素晴らしい炊き具合です。お米も立っていてつやつや。その上に桜エビ味噌、卵がそれぞれ載ってでてきます。卵は福岡からのものを使用しておられるのだとか。その昔、私が香港に来た90年代後半は卵かけご飯を食べるのが本当に贅沢で、日本の生卵は高嶺の花でしたが、現在はどこのスーパーでもローカル市場(街市)でも販売するようになりました。しかし一般で販売されているのは加熱用がほとんどですから、生卵で食べるのは本当に久しぶり。素晴らしく美味しい日本の食文化をしっかり再現しています!
 その次は前菜。昆布のポン酢和えとゴーヤと油揚げのゴマ味噌和えを選んだのですが、ゴーヤの方は創作の味かと思います。すごくあっさりしていて前菜として又口直しとしての役割を果たしています。
 主食はビーフシチューと豆腐ハンバーグ。ビーフシチューはまさに自宅で手作りしている感が満載。ゴロゴロとたくさんの肉が入っています。豆腐ハンバーグは野菜と豆腐で作られているベジタリアンメニューで、これにトマト味噌ソースがかかってきます。自宅で作ると和風出汁で醤油味にしてしまいそうですが、酸味が効いたトマトに味噌を混ぜてソースを作っているのが米気流。個人的には味噌味がもう少し強い方が好きだなあと思いながらも、豆腐ハンバーグはリピート決定のメニューとなりました。ふわふわで老人から子供まで楽しめます。
 副菜に選んだのは手羽先明太子とこんにゃくと豚肉の照り焼き。明太子メニューを選んでみたいと思っていたのですが、手羽先明太には驚きました。手羽先本体の上に明太子が載っているだけではなく、手羽先の鳥の身をほじくって中にも明太子がびっしりと入っています。いや~、これは美味しいですが、作業する方は大変だろうなぁとも思いました。お勧めメニューです。
 最後のデザートは米気アイスクリームと杏仁豆腐。特にアイスクリームは絶品です。バニラアイスに煎ったお米の粒がたくさん散りばめてあるのですがぱりぱりとした食感。昔のポン菓子のような感じすらします。我々日本人にとっても懐かしい食感です
  ベジタリアンフードにはメニューにグリーンマークが付いてくるのでここなら肉を食べない友達と来ても大丈夫。料理長のドミニクさんは以前日本で修業してこられたのだとか。日本の味をしっかり再現しながら香港式も取り入れ、衛生的で明るいお店でした。

名称   米気(MAI HEI)
住所  Shop G32, G/F, Pebbles World (Site 3), The Whampoa, Hung Hom
電話 35431101
Openrice https://www.openrice.com/en/hongkong/r-mai-hei-hung-hom-japanese-r654258?fbclid=IwAR2tk3lycUeZZK6aLUAtPq286pHL7AJnPV123qfyat4qzYTsQm_p5Cg5WDY
単価 (ランチ);約70ドル~150ドル程度

Facebook投稿:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/269771031432455

Pocket