No.4 HATOBA

みなさん、こんにちは。協会事務局のシンディです。
先月から不定期で香港の日本料理を皆さんにご紹介しています。日本食と一言で言っても広いと思いますが、ここでは庶民に手が届く価格・お得感・お勧め利用シーンなどについてもお伝えしていきたいと思っています。皆さんのお店選びの参考にしていただけたらと嬉しいです。こちらの内容は個人の感想・意見となりますので予めお断りしておきます。
本日のお店は「はとば HATOBA」、焼き鳥屋さんです。場所は西湾河のSOHO EASTエリアに位置している、喜亨湾(グランドプロムナード)という有名なマンションの並びに位置しています。地下鉄の駅から徒歩8分近くかかりますが、味といい夜景といいリピート決定のお店です。
実は私のように九龍側に長く住んでいる人間にとって西湾河という場所はなかなか足を運ばないところです。20年も香港にてこの駅に降りたのはおそらく3回程度。ただ多くの日本人が太古・西湾河地区に住んでいることはもちろん知っていますし、だから日本食の店も多いんだろうと勝手に想像していました。実はこの店は香港人オーナーと香港人シェフにが切り盛りしているのです。ここまで日本の味を再現し、日本語メニューもあるこの店が、我々日本人が一人も係わっていない中で運営されていることにも驚き!感心しました。
席数は30くらいでしょうか。マネジャー兼シェフのAlkmanによるとこれ以上広くなると「焼く」スピードが追い付かずお客様をお待たせしてしまうから丁度いいのだそうです。約16年ほど前からこの道に入り2年半前からこの店を切り盛りしているそうですが、メニュー開発から下ごしらえ、焼き鳥の焼き方に至るまで研究開発してこられたそうです。例えばうずらの卵。ここでは半熟よりも生に近い「2割熟」で出してくれます。ゆで卵を作る要領で生のうずらを加熱し、最後は串に刺して炙ってだしてくれます。中はふわふわで熱くなく、するっと食べられるように作ってあります。また焼き物はすべて焼き石が敷き詰められた網の上に乗せてテーブルにいきますので、すぐに冷めない工夫があります。
今回は香港生まれの友人に紹介され、お仲間の中には気になっていたものの一度も足を運んだことがない人もいて、この味と気遣いに良い意味でかなり驚かされました。私たちは月曜の夜に行きましたが、カウンター席しか空いてないほどの盛況ぶり。セットメニューはなく、すべて一品での注文になるため決して安い店ではないと思うのですが、食べて満足、納得のお店です。
飲み物に関しては、日本の生ビール、焼酎、日本酒(樽酒など)など焼き鳥にぴったりのアルコールが並んでいます。
シェフのメニューとして梅酒ゼリーを最後にいただきました。梅が丸ごと一個入ったゼリーは今までの焼き鳥だらけだった口の中をしっとりとしてくれ、ほっこりした気分でお店を後にすることができました。ちなみにこのメニューは開発中だそうで、公開はこれからだそうです。
周りのお客さんは、我々以外は全員香港地元の方々。カップル、ご家族連れなど3~4人のお仲間でいらしてるようでした。
お仲間とも話したのですが、ローカルの方が経営しておられる店はいろんな意味で敷居が高い時があるそうですが、ここはいい意味で期待外れで、シェフがしっかり味をコントロールしているお店でした。
私が次回このお店に行くとしたら、本格焼き鳥が食べたい香港人のグループと、ちょっとした記念日に美味しいものが食べたくなった時などでしょうか。食べた後には美しい夜景で記念写真も撮れるし、タバコの人にも有難い場所があります。
店舗名:HATOBA
住所:Sai Wan Ho Ferry Pier, Tai Hong Street, Lei King Wan, Sai Wan Ho
Openrice:https://www.openrice.com/en/hongkong/r-hatoba-japanese-restaurant-sai-wan-ho-japanese-skewer-r552576?fbclid=IwAR1Gtq5m4izcwKW_1IjM8nQ8O78Xw2vW3Rj8ManXnWAJpI7v5ghhzFHuZj8
電話番号:2493-5333
予約必須
単価:約500~600ドル程度(焼き鳥、お酒、10%込み)
お勧め利用シーン:カップル、本格焼き鳥が食べたい人。夜景を見ながらゆっくり食べたい方。2~4名がお勧め。
ラストオーダーは21時、営業は22時まで。
Facebook投稿:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/160388599037366

事務局Cyndi 的隨心邊走邊食日記(No4)
大家好,我是協會事務局的Cyndi。
從之前開始,我不定期為大家介紹香港的日本料理。日本料理一詞所涵蓋到的內容實在太廣泛,我將先從貼身價格、划算、推薦度等庶民路線開始介紹。希望可以成為大家選擇店鋪時的參考就好。請容我事先聲明,文章介紹內容僅屬於我個人感想及意見。
今日介紹的是串燒店「HATOBA」,位於西灣河SOHO EAST地區,鄰近著名住宅嘉亨灣。雖然由地鐵站徒步過去需要花費近8分鐘,但既有美味料理又有美麗夜景,就令我決定會再去光顧。
其實對我這種長久住在九龍區的人,實在甚少會去西灣河,身處香港的20年內,一共在那個車站落車的次數最多只有3次。我知道有許多日本人居住在太古、西灣河地區,更以為因此該地區才有那麼多日本料理店。但其實這間店是由香港人所經營及負責料理。可以忠實呈現到屬於日本的味道、亦有日語菜單的店居然不是由日本人所經營,實在令我驚訝。
座位數應該有30個左右,按經理人兼大廚Alkman所說:如果再增加容納人數,料理速度就會趕不及導致要客人等待,現在的數目正剛剛好。Alkman約16年前入行,2年半前開始經營這所店鋪。由開發菜單到預備食材、甚至研究串燒的烤法皆是由他負責。比如說以鵪鶉蛋為例,這間店端出的鵪鶉蛋不是半熟而是「2成熟」,以半熟蛋造法加熱鵪鶉蛋,最後刺到串上燒烤。鵪鶉蛋內軟乎乎而又不會過熱,口滑溜。料理又會放到墊有熱石板的網上,花了功夫令料理不會即時變冷。
今次有位一直有興趣但從未光顧過伙伴跟我同行,他是從香港的朋友口中得知這間店,吃過後都被這裡的美味料理及氣氛給震驚到。我們前去當日雖是星期一,但店內已經多人得只剩吧台座位。菜單上沒有套裝及組合,所有料理都需要單點,所以絕對算不上是便宜,不過仍然令人吃得滿足、滿意。
飲品方面,店內有提供日本生啤酒、燒酒、日本酒(樽酒等),都是跟串燒十分搭配的酒類飲品。
大廚推薦我們最後吃了一道梅酒啫喱,內裡有一整粒梅的的啫哩滋潤了至今充滿了串燒的口腔,完美為這一餐畫上句號。順帶一提這道料理仍然開發中,據說日後將會公開。
當日的顧客除了我們外都是香港人,既有情侶亦有帶上3、4位家人的客人。
我跟朋友也有提過,有時由香港本地人所經營的店鋪,從許多方面上都會令人卻步,但這間店則令人驚喜,大廚控制料理味道控制得十分精準。
如果下次我要去這間店,應該會帶上想一嘗地道日本串燒的香港人伙伴,或是在某些紀念日特別想吃美味料理的時候吧。餐後又有漂亮的夜景可拍照紀念,亦有適合吸煙人士的地方。
店舗名:HATOBA
地址:Sai Wan Ho Ferry Pier, Tai Hong Street, Lei King Wan, Sai Wan Ho
Openrice:https://www.openrice.com/en/hongkong/r-hatoba-japanese-restaurant-sai-wan-ho-japanese-skewer-r552576?fbclid=IwAR1Gtq5m4izcwKW_1IjM8nQ8O78Xw2vW3Rj8ManXnWAJpI7v5ghhzFHuZj8
電話號碼:2493-5333
必須預約
人均價: 約500~600元(包含串燒及酒類及加一服務費)
推薦對象:情侶、想品嚐地道日本串燒的人。想邊看夜景邊慢慢品嚐料理的人。建議2至4人一同前往。
最後落單時間是21時、營養時間則直到22時。
Facebook投稿:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/160388599037366

Pocket