No.32 298 Nikuya Room

みなさん、こんにちは。協会事務局のシンディです。
現在不定期で香港の日本料理を皆さんにご紹介しています。日本食と一言で言っても広いと思いますが、ここでは庶民に手が届く価格・お得感・お勧め利用シーンなどについてもお伝えしていきたいと思っています。皆さんのお店選びの参考にしていただけたらと嬉しいです。こちらの内容は個人の感想・意見となりますので予めお断りしておきます。
本日はセントラルの歩く歩道のスタートライン(DONKIさんのビル)の一筋裏にある、298 Nikuya Roomさんにお邪魔しています。298さんと言えば一店舗目が上環にオープンした時私もランチにお邪魔したことがありました。その後セントラルの今の場所に引っ越されてからは今回が初めて。ちなみにこちらのグループには牛肉の298以外に、鶏肉のBirdie , ブラ肉のPokerという3種類のブランドがあります。Pokerのロースかつは箸で軽々と切れる本当にかろやかなとんかつだったと記憶しています。
まず298さんのイメージはというとボリューム満点、突き出しが充実(牛タン、ナムル3種、大根と牛筋の煮込み)というこの2点に加え、無煙で食べられるのも有難いところです。ビジネスランチで焼き肉に行きたいけれど服に匂いが付くのが気になるところ。しかしこちらはその心配が一切ありません。焼き網はガスを使用されていて火力もばっちり、そして煙が外に逃げない仕組みがあるため匂いは全くせず美味しい焼肉を食べることに集中できます。しかも間取りもゆったりしていて、ソファータイプの固定席以外に丸テーブル席もあるため、ベビーカーや車いすなどで来ても十分に対応可能なところも嬉しい点です。
さて肝心のお肉はというと、カルビ・上カルビ・ハラミなどの部位はそれぞれ厚みがあるにも関わらずさっと焼いただけで全て柔らかく美味しくいただけます。又和三宝セットについてきた、「中落ち(ゲタカルビ)」については、メニューの写真とは違う本日のスペシャルだと聞きました。油が多くとろけるような味わいでしたがダイエッターには天敵の為一切れのみにし、後はお仲間さんにおすそ分け(苦笑)。ということで個人的には普通のカルビの方が食べ応えもあり美味しく感じました。
食べに行かれる前には予約必須です!新型コロナウイルスで人数規制もあることから必ず事前にリザーブされることをお勧めします。前日に予約確認の電話が入ります。又ランチタイムは1テーブル1時間までという決まりがあるそうです。
そして実際に食べてみて思ったのですが、焼き網を共有しますが自分で自分の肉を焼いて食べれば個人の定食を食べているのと変わりません。むしろこちらはゆったりした間取りのため、隣とは距離をしっかり開けて食べられるのは有難いと思いました。
またランチにはビビンバなどの食事もあるため焼肉以外の選択肢もあり。1テーブル2名までの今だからこそ、1対1で仕事仲間や友だちとしっかりがっつり食べてみるのはいかがでしょうか。

名称  298 Nikuya Room
住所  2/F, Pearl Oriental House, 60 Stanley Street, Central
電話 35689298
HP  https://www.298hk.com/
単価 (ランチ);150~298ドル+10%

Facebook投稿:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/259891139087111

Pocket