No.21 スピンオフ企画

みなさん、こんにちは。協会事務局のシンディです。現在不定期で香港の日本料理を皆さんにご紹介しています。日本食と一言で言っても広いと思いますが、ここでは庶民に手が届く価格・お得感・お勧め利用シーンなどについてもお伝えしていきたいと思っています。皆さんのお店選びの参考にしていただけたらと嬉しいです。こちらの内容は個人の感想・意見となりますので予めお断りしておきます。
本日はこの企画始まって以来の中華料理「潮民」大坑店にお邪魔しています。場所は地下鉄天后駅から5、6分でしょうか。中秋節前に行われるファイヤードラゴンで有名な地区、そのドラゴンダンスが行われる通りの目の前(地上階)にお店があります。今回はスピンオフ企画ということでご紹介したいと思います。
「たかが火鍋されど火鍋」 香港に来て思うのは、なぜ香港人はここまで火鍋が好きなんだろうということ。私の周りには、集まったら年中火鍋を囲んでいるグループがあります。そのほとんどが80年代~90年代にカラオケボックスの前身のカラオケラウンジで歌っていた人たち。カラオケ後の〆は火鍋で育った彼らにとってはソウルフードなんでしょう。今は自宅でも気軽にできるとは言え、当時は九龍城の有名なお店や有名人行きつけの店などがブームだったようです。
そしてこのお店の特徴はというと、味は当時のような抜群に美味しいお店の味を踏襲しながら、しかしスタイルはしっかり今風という、おしゃれな店構えです。自宅では味わえないスープ(湯底)をベースに主に中国から来ている新鮮な野菜やしっかり処理されたお肉をいただく。ここが火鍋やだと言われなければわからないほど、まるでバーのようなスタイルですが、テーブルにはちゃんと電子コンロがセットされています。
店内には30代のカップルがバースタンドで仲睦まじくおしゃれに食べているかと思えば、奥の席では年季がはいった常連さんっぽい方々が香港特有の大声で楽しそうにお酒と火鍋を囲んでいるという、近所に住む方からわざわざ大坑に遊びに来た人まで全てを包み込むやさしさを感じます。
「たっぷりの具とベースのスープ」
さてその火鍋のベースとなる「湯底」には、トマト、サテー、大根と牛肉の清湯、ピータンとパクチーに加え胡椒豚肚の6種類に加えキノコと湯葉がたっぷり入った豆乳仕立てのスープがあります。我々は最後の豆乳をメインに、追加でトマトと清湯のハーフずつの2つの鍋を注文しました。そのお味はというと、さすがお勧めだけあって豆乳スープのは具もたっぷりで温まります。先ずはキノコ類と湯葉をたっぷりいただいてから、牛肉などに移行すればダイエット的にもかなりよい感じです。
そして変わり種としては、チーズとベーコン入りの餃子を注文。これはお店のお勧め通り一番あっさりしたスープ・清湯に入れじっくり火が通ってからいただきました。まるでイタ飯屋さんででてきそうな味にびっくり。中にはチーズも入っていました。
その他、豚や鳥の内臓系も充実していましたが、我々はあまり得意としないためパスして、2種類の牛肉をさっとしゃぶしゃぶしゃぶし、半生状態でいただきました。オーナーが潮州出身の方でメニューには潮州からのものが多いのですが、ビールに日本酒、焼酎にハイボールなどの様々な日本のお酒と、オーナーお薦めの美味しいワインと一緒に楽しめます。今回はお腹いっぱいでしたが、次回は熊本産ラーメンを〆にするのもよいかもと思いながら店を後にしました。

店舗名 潮民(ChaosHotpot)
住所: G/F, 22 Wun Sha Street, Tai Hang
電話 28909308
Openrice:  https://www.openrice.com/zh/hongkong/r-%E6%BD%AE%E6%B0%91-%E5%A4%A7%E5%9D%91-%E6%B8%AF%E5%BC%8F-%E7%81%AB%E9%8D%8B-r37712?fbclid=IwAR2t_v12TqgPdGS-tsthCrVaZWqn8FKRmCMZkDYReiA1LK2Bc68c6vzYLrI
単価 (ディナー)約400~ドル(10%込み)

Facebook投稿:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/208365934239632

事務局Cyndi的隨心邊走邊食日記(No21)番外篇
大家好,我是協會事務局的Cyndi。我正不定期為大家介紹香港的日本料理。日本料理一詞所涵蓋到的內容實在太廣泛,我將先從貼身價格、划算、推薦度等庶民路線開始介紹。希望可以成為大家選擇店鋪時的參考就好。請容我事先聲明,文章介紹內容僅屬於我個人感想及意見。
今天,我到了自日記開始以來首間中華料理餐廳“ 潮民” 大坑店。 這個地方距離天后地鐵約步行5到6分鐘。 這一地區以中秋節前舉行的舞火龍聞名,今次的店就在舞火龍進行的那條街上(地面)。 這次,我想將作為番外篇介紹它。
「不過是火鍋、但就正是火鍋」當我來香港時,就有疑問為什麼香港人這麼喜歡火鍋。 我身邊有個團體,時常一聚集就會圍住火鍋。 他們大多數人在80年代和90年代在卡拉OK室的前身卡拉OK休息室唱歌的人。 卡拉OK之後作結的火鍋可能是他們的靈魂食品。 如今雖您可以在家中隨意做,但是當時風氣是流行在九龍城的有名店或名人去過的店。
這家店的特點是它具有時尚風格同時,味道遵循了當時的美味。它有您在家裡無法品嚐到的湯湯,配合主要來自中國的新鮮蔬菜和加工良好的肉類。 要不是告訴你是火鍋店,你會以為它是間酒吧,但是桌子上有好好地裝有電子爐。
在這家店裡,既有一對三十多歲的夫婦在吧台上和睦進食的時尚客人,但在後排座位,亦老式的常客圍著酒和火鍋,發出香港特有的大聲聲音。 就似店內包容住居住附近的常客,亦有特地來到大坑遊玩的人
「材料豐富的湯底」
說一下,它的湯底,它番茄,沙爹,蘿蔔和牛肉清湯,皮蛋和芫莤,胡椒豬肉以及大量蘑菇和腐竹的豆奶湯等六種湯底 我們最後點了兩個鍋,一開始以豆奶湯底為主,之後追加點了蕃茄與清湯各半的火鍋。 至於味道,不愧是被推薦的湯底,豆奶湯底的材料豐富,吃了後身體和暖起來。如果您先吃了蘑菇和腐竹,然後才移至牛肉等材料,感覺對減肥亦有效。
然後我點了不常見的包有芝士和煙肉的餃子。 按照店的建議,我將它放入最清淡的清湯中,徹底煮熟享用。 它的味道就好似意大利飯店一樣,嚇了我一跳。
此外,豬和雞的內臟類菜單也很豐富,但是我們不太能吃這類,所以只吃了兩種牛肉,放在湯裡煮一下以半生狀態享用。 店主來自潮州,大部分菜單都來自潮州。可以享受啤酒、燒酒等的來自日本的各種酒類。又可以選擇店主推介的紅酒添。這次我吃飽了,但是我想下次再光顧時,點一份熊本拉麵作結會更好。

店名 潮民(ChaosHotpot)
地址: G/F, 22 Wun Sha Street, Tai Hang
電話 28909308
Openrice:  https://www.openrice.com/zh/hongkong/r-%E6%BD%AE%E6%B0%91-%E5%A4%A7%E5%9D%91-%E6%B8%AF%E5%BC%8F-%E7%81%AB%E9%8D%8B-r37712?fbclid=IwAR2t_v12TqgPdGS-tsthCrVaZWqn8FKRmCMZkDYReiA1LK2Bc68c6vzYLrI
單價(晚餐)約400元起(含加一收貨)

Facebook Post:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/208365934239632

Pocket