No.10 COCO一番屋

みなさん、こんにちは。協会事務局のシンディです。
現在不定期で香港の日本料理を皆さんにご紹介しています。日本食と一言で言っても広いと思いますが、ここでは庶民に手が届く価格・お得感・お勧め利用シーンなどについてもお伝えしていきたいと思っています。皆さんのお店選びの参考にしていただけたらと嬉しいです。こちらの内容は個人の感想・意見となりますので予めお断りしておきます。
本日のお店は「CoCo壱番屋 尖沙咀店」です。尖沙咀駅から徒歩3分ほど広東道沿いの角にあるシルバーコードというビルの3階に位置しています。ボックス席も充実しているヨーロッパ風デザインで居心地がよい場所です。
今日も今の戒厳令に従い2名でランチをいただきました。2名なのに頼んだメニューはなんと4種類。しかも2つのセットメニューという贅沢というか食べすぎというか。でも記事でご紹介したいしと、ここは涙を呑んで明日の朝は片目をつぶって体重計に乗るつもりで注文してみました(苦笑)今回お店からのお勧めメニューも聞きながら食べるものを決めていこうと思っていましたが、入り口に飾ってあったポスター「香港限定」に一目ぼれした私は、ロースかつにほうれん草とベーコンのクリームソースがかかったメニューにしてみました。以前は海鮮入りのカレーをよく食べていたのでこのメニューは初めて。こちらはカレーのピリ辛にクリームソースのマイルドさが調和してなかなか絶妙の味。ご飯は15穀米にしてみたのですが、感触としてはいつもの白ご飯と変わらず美味しくいただけたので、次回からは身体に優しい十五穀米に変えてみようと思いました。まだまだ続けていただきたいメニューです。
そして勧められるがままに頼んだカレーうどん!いや~、これが絶品の味でした。実は初めていただきましたが、かなりレベルが高いです。ロースかつカレーが一番人気とのことでしたが、すでにロースかつは別でオーダーしたことから、普通のカレーうどんをいただいてみました。カレー味の汁が辛くなくてサラサラで飲んでも美味しいく、又うどんの腰もすごくて目から鱗とはこのことをいうのでしょうか。次回からはいつものカレーメニューに加えて時々はうどんにしてみようと心に誓いました(笑)多々あるメニューを制覇するためにはちょくちょく来ないとだめですね。
またお仲間さんが選んだのはオムハヤシ。最近はこちらにはまっているとのことです。これはカレーとは全く違う味で全然辛みがなくまろやかで、トロトロの卵とのコンビネーションが絶品です。今回中辛のカレー、カレーうどん、ハヤシライスものを注文しましたが、一見同じように見えても味は大きく違います。オムハヤシはお子さんや老人、辛いのが苦手な方にもピッタリなメニューとなっていますのでご家族と一緒の時にはチョイスが広がります。
セットメニューにしたい場合は、ソフトドリンク、スープ、ミニサラダ、デザートから2~4種類を自分で組み合わせることができます。2種類で21ドル、3種類で26ドル、4種類で31ドルとなっています。またご飯の量も100G単位で減らしたり増やしたり、カレーの場合は辛さとトッピングも変更できます。
またここではベジタリアンメニューも充実しています。様々な野菜がトッピングされたカレーなども多々あり、ベジタリアンの友達と食べる時も困らないので本当に有難いといつも思っています。
香港進出から丸10 年を過ぎ、今や店舗数も9店舗となり香港人にもなじみのあるお店と言えるでしょう。日本のカレーを香港に運んできてくださったお店でもあります。しかも今月、カレーの本場インドにも初出店されたとのこと!ますます楽しみですね。店舗ごとに限定メニューがあったりもするそうですので、皆さんもご自分の近くの店をチェックしてみてください。

店舗名 COCO壱番 尖沙咀店
Openrice https://www.openrice.com/en/hongkong/r-coco-ichibanya-tsim-sha-tsui-japanese-curry-r51130?fbclid=IwAR1wLLgFU1vEfyrU34QALfUoTvbjYRApMzi4Aop8Ph8tIz-rb5DbzzA9AHk
住所 Shop 302, 3/F, Silvercord Tower, 30 Canton Road, Tsim Sha Tsui
電話番号 35720460単価(ランチ): 70~150ドル程度(10%込み)
お勧め利用シーン(ランチ):友達と同僚と家族と共にボックス席でゆっくりランチを食べたい時。とにかくカレーものが食べたいと思ったら。カレーうどん系、カレーオムレツ系、オムハヤシ系が食べたくなったら。一人で入ってもゆっくり気にならずゆっくり座れます。

Facebook投稿:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/186909243051968

事務局Cyndi 的隨心邊走邊食日記(No10)
大家好,我是協會事務局的Cyndi。
我正不定期為大家介紹香港的日本料理。日本料理一詞所涵蓋到的內容實在太廣泛,我將先從貼身價格、划算、推薦度等庶民路線開始介紹。希望可以成為大家選擇店鋪時的參考就好。請容我事先聲明,文章介紹內容僅屬於我個人感想及意見。
今天的商店是“ CoCo 一番屋尖沙咀店”。 它位於尖沙咀新港中心三樓,位於廣東道的拐角處,距離尖沙咀站約有3分鐘的步行路程。 這是一個歐洲風格的舒適地方,帶有大量的箱式座椅。
今天亦根據現行禁制令只有兩個人共進午餐。即使有2個人,我也點了4種菜色。此外還包含2個套餐,十分奢侈但似乎吃太多了。但是我想在文章中進行介紹,所以抱住翌日隻眼開隻眼閉去量體重的感覺點菜了(苦笑),這次我原打算打聽店的推薦菜單再決定自己想點什麼,但是入口處展示的海報“香港限定”讓我著迷,所以我決定點炸里脊肉、菠菜煙肉配忌廉醬。我以前常吃含海鮮的咖哩,這是我的第一次點這種菜色。辛辣的咖哩和忌廉醬的柔和度融為一體,味道很精緻。我嘗試配合15殼米,感覺味道與普通的白米一樣好,因此從下一次開始,我決定換成對身體較好的的五殼米。感覺這次下次會再單的菜單。
然揚我按照推薦點了咖哩烏冬! 真是十分美味。 實際上這也是我第一次吃,它水平很高。 據說烤炸里脊肉咖哩是最受歡迎,但是我已在另外的菜單點了炸炸里脊肉,所以我嘗試了普通的咖哩烏冬。 咖哩湯汁喝起來不辛辣,即使直喝一口亦很美味,而且烏冬也很彈牙,好吃得我似乎茅塞頓開。 從下一次起,我發誓除了時常的咖哩菜單外還要嘗試烏冬面(笑)為了征服許多菜單,我不得不經常來。
朋友點了牛肉醬汁蛋包飯。 聽說他最近沉迷於此。 它與咖哩完全不同,沒有辣味而且醇厚,後稠密的雞蛋完美配合。 這次我點了中辣咖哩,咖哩烏冬和牛肉醬汁蛋包飯,即使它們看起來一樣,味道卻大不相同。 牛肉醬汁蛋包飯適合兒童及老年人、不擅長辛辣食物的人們,因此,當您與家人一起時,亦有更多選擇。
如果轉成套餐,可以從飲料,湯,迷你沙拉和甜點中選擇四至兩種。兩種類型的價格為21元,三種類型的價格為26元,四種類型的價格為31元。 您還可以以100G為單位給飯量增加或減少,亦並更改咖哩辣度及配菜。這裡也有完善的素食菜單。 有很多以多種蔬菜配搭的咖哩菜單,與素食主義的朋友一起吃飯也很方便,實在難得。
進入香港10多年。 現在店鋪數似乎亦不少,可以說是已成為香港人所熟悉的店鋪吧。它也是將日本咖哩帶到香港的店鋪。 似乎每間店的菜單都有不同的限定菜單,所以請各位查查看附近的商店。

店舗名 COCO一番屋尖沙咀店
Openrice https://www.openrice.com/en/hongkong/r-coco-ichibanya-tsim-sha-tsui-japanese-curry-r51130?fbclid=IwAR1wLLgFU1vEfyrU34QALfUoTvbjYRApMzi4Aop8Ph8tIz-rb5DbzzA9AHk
地址 Shop 302, 3/F, Silvercord Tower, 30 Canton Road, Tsim Sha Tsui電話號碼 35720460
單價(午餐): 70~150元左右(含加一)
推薦的使用對象(午餐):當您想與朋友,同事和家人在包廂裡慢慢吃午餐時。總之想吃咖哩時。 如果您想吃咖哩烏冬面,咖哩蛋包飯或牛肉醬汁菜單時。 即使只有一人也可慢慢坐下時

Facebook投稿:
https://www.facebook.com/hkjra/posts/186909243051968

Pocket